√リツのゲームログ

ネタで楽しむゲームブログ

「プラスリンクス~キミと繋がる想い~」入場制限の果てにようやくプレイもやはり人力か?

 本日6月22日の正午12時に入場制限が解除され、ようやく「プラスリンクス~キミと繋がる想い~」をまともにプレイすることができたルートリツです。

 長かった・・・本当に長かったです。

 なにがーーって事情を把握してない方はおっしゃるでしょうけど、時間ですよ時間。

 本来なら昨日こと6月21日のリリースに合わせてスタートダッシュを切るつもりだったのに、蓋を開けてみれば入場制限で足踏みし続け丸一日。

 ーーなんでこんなことになったんですかね!?

 それはーーあれだーー。

 

 ヒロインたちは焦らせプレイが趣味だから

 

 人力だからだよ!!

f:id:rootritsu:20210622160805j:plain

 

 

rootritsu.hatenablog.com

 

プレイしてみたものの人力疑惑は深まるばかり

 ほぼ丸一日の待ち時間の末、ようやくプレイーー上柚木たまちゃんにチャットを送信できました。

 昨日からチャット送信すると入場制限にかかるエンドレスループを繰り返していたので、ひとまず要所を超えたといってよいでしょう。

 いや本当に返信が楽しみですーーーーーー。

 

 ーーここで問題がまたしても発生。

 どんな内容が返ってくるかとドキドキしながらモニターの前で正座待機してしばらく待つも、一向に返事がない・・・。

 不安を覚える私。足を痺れさせながらも我慢して待つ(そこまでする??)。

 それでもこないので仕方なしに別タブでネットサーフィンに繰り出したあと戻ってみると、さすがに返信が届いていました。

 長かった・・・本当に長かったです・・・。

 あれ、このやり取り冒頭でしたような? 入場制限ーーだけじゃない! うっ、頭が!!

 そうーーチャットを送ってからヒロインに返信をもらうまでの待ち時間も長いんですよ、このゲーム(さすがに入場制限とは比較にならないので上記の私のは誇張表現と思ってもらえたら)。

 AIが対応できるキャパを超えてしまっている可能性もありますが、やはり人力疑惑は切っても切れないですよね。世間を騒がせまくってますし。

 実際に私がプレイしてみても人力で処理しているようなラグでしたね。

 ここには掲載していないのですが、とあるヒロインからの返信チャットが男言葉みたいな感じになっていました。キャラ崩壊ですよ、由々しき事態です!!

 あまりに忙しすぎてついキャラクターの口調とは異なる返信をしてしまうなんて随分とおちゃめな運営スタッフさんですね。

 ーーなんて勘違いも起こりえるので、もし人力ではなくAIがチャットのメッセージを返しているのだとしたらシステムの向上、お願いしますね。

 噂通り人力だったならーー

 ここから始まる運営スタッフ攻略ゲーム!!

 ーーとして、新たなジャンルを確立しましょう♪

「プラスリンクス~キミと繋がる想い~」ヒロインの返信に人力疑惑が浮上!! 

f:id:rootritsu:20210622114059j:plain

 6月21日よりDMM GAMESより、「プラスリンクス~キミと繋がる想い~」がリリースされました。

 こちらのゲーム、リリース前から宣伝に大層力を入れられており、ブラウザ広告などで目にして興味を持った方も多くいらっしゃることでしょう。記憶では私もそうですし。

 運営の宣伝努力もあり、事前登録では12万人越えを突破しました。この数字から「プラスリンクス~キミと繋がる想い~」へのユーザーの期待値が分かりますね。

 まさに満を持する形でリリース初日を迎えたわけです。

 

 ーーしかし。

 

 リリース開始後しばらくすると入場制限が敷かれ、多くのユーザーがゲームで遊べなくなってしまいました。

 いったい何があったというんでしょう!! Twitterなどでも噂されている疑惑などを含めて追及していきましょう。

 

 

プラスリンクス~キミと繋がる想いとは

概要

リリース日

2021年 6月21日(月)

ジャンル

恋愛シミュレーション。                                  

キャッチコピー

「キミと繋がる想い・・・いま」

特徴

3次元のプレイヤーと2次元のヒロインたちによるリアルチャット。プレイヤーが自由に入力し送信したチャット内容をもとに、ヒロインたちが適宜対応し返信をくれるシステムとなっています。

 あまりにもプレイヤーの送信内容が難しい場合の返信は難しいとされていますが、それでも非常に現実に近いチャットのやり取りが可能なのが最大のセールスポイントです。

提供先 

DMM GAMES 

games.dmm.com

 

 リリース当日の入場制限

運営からのアナウンス

【入場制限に関するお知らせ】


『プラスリンクス〜キミと繋がる想い〜』をご利用いただきありがとうございます。

ただいま大変多くのお客様にチャットメッセージをいただいており、進行にお時間を要しております。
状況の解消のため一時的に入場を制限させていただいております。
※既にチュートリアルをクリアしていただいているお客様には影響はございません

配信を楽しみにお待ちいただいていたお客様におかれましては、
ご不便をおかけしまして誠に申し訳ございません。
快適にプレイいただけるよう尽力して参りますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

何卒、今後とも『プラスリンクス〜キミと繋がる想い〜』をよろしくお願い申し上げます。

「プラスリンクス 〜キミと繋がる想い〜」運営チーム

 引用:運営からのお知らせ:プラスリンクス ~キミと繋がる想い~のコミュニティ - オンラインゲーム - DMM GAMES

 上記のアナウンスがされ、ゲーム内で13時ごろに入場制限が敷かれました。

 すでにチュートリアルをクリアしていただいているお客様に影響はございません・・・。

 私が陥った状況の場合、チャットを送信したところで入場規制に引っ掛かりホーム画面に戻されるというエンドレスループだったりしました。

rootritsu.hatenablog.com

 Twitterなどではそもそもゲームに入れないという声をちらほら。

 人によって入れる区画が異なっていたのかもしれません。

その後の顛末

  結局、当日中の入場制限解除はされず、多くのユーザーが遊べないまま終わりました。

 翌日の朝も入場制限は解除されず、運営からのアナウンスでは正午に解除予定とのこと。しかし先着順であるため定員に達してしまえば再度入場制限がかかるかもしれないらしい。

 運営がパンクしているらしいのに、なぜか一度も緊急メンテナンスに入らないため、情報によるとプレイできている一部のユーザーだけがゲーム内のランキングを上げているらしい。なので、入場制限に引っ掛かっているユーザーから不満が挙がっています。

 

人力疑惑

f:id:rootritsu:20210622113833j:plain

 発動された入場制限に伴い、あちこちから人力疑惑が浮上しています。

 この場合の人力疑惑とは、リアルチャットに対するヒロインの返信がAIによるものでなく、運営本部のスタッフが手動で行っていることを指します。

ヒロイン達には中の人がいる!?

 いやいや、いくらなんでも荒唐無稽過ぎますね。

 ーーと、一蹴したいのですが、中の人疑惑が上がる要因は確かにあるのです。

メンテナンスをしない

 入場制限が敷かれるほどパンクしているはずなのに、なぜだか一度も緊急メンテナンスを行いませんでした。

 たいていのゲームは即座にメンテナンスに移行し、強制ログアウトを実施するはずなのですが、どうしてでしょうか?

 考えられるとすれば、システムに問題はないということ。

 ーーとなると、システムに問題がないのならなぜ? となってしまうのですが。

 人力で返信を行っているとなると納得ができます。ユーザーからの大量のチャットを捌き切れずに現場が混乱しているため、これ以上の負荷を防ぐべく入場制限を敷いた可能性が大いにあります。要は人手が足りないから、制限掛けようってことです。

 

まとめ

 事前登録段階からかなり期待されていた「プラスリンクス~キミと繋がる想い~」ーー初日からつまずいてしまい多くのユーザーの不満を買ってしまいました。

 メンテナンスで中断を入れないため、プレイできているユーザーだけが先に先に行っている状況なので仕方がないでしょう。

 運営からのアナウンスでは入場制限になったユーザーには補填を行う予定とのことですが、先行ユーザーに追いつくのは正直厳しんじゃないかと思っております。

 人力疑惑なんて出てしまっては、モチベーションをなくす方もいることでしょう。逆に中の人と繋がれると張り切る方もいるのでそこらへんは良しあしですが・・・。

 これから長くサービスが継続していくためにも疑惑は払しょくし、品質改善に努めてもらいたいです。

最後に

 試しに6月22日朝にチャットを送ってみたんですが、私はいまだに入場規制で遊べませんでした。

 残念で仕方がないです・・・。

 

 

 

 

「プラスリンクス~キミと繋がる想い~」リリース開始も入場制限でヤバイ。

 こんにちわ、ルートリツです。

 本日6月21日よりDMM GAMESから、

「プラスリンクス~キミと繋がる想い~」という新作ブラウザゲームがリリースされました。

 

games.dmm.com

 

 本当にーーおめでとうございます!!

 私ことルートリツもブラウザ広告かなにかで知り、リリースされる今日という日を大変楽しみにしておりました。

 こちらのゲームはゲーム内のキャラクターとチャットを通じて交流し、ヒロインの好感度を上げてイベントに発展させていくーーいわゆるギャルゲーなのです。

 特徴としては、プレイヤーがチャットで自由に文字を入力することができ、ヒロインとのリアルチャットを楽しめるという点。

 ま、まさか・・・二次元と三次元がリンクするとは!! 驚きです!!

 なによりタイトルの想いという単語が私の大好きな「Memories Off」シリーズのテーマと合致するのでがぜん惹かれました。

 興味を持ったら確かめないと気が済まない性質ですので、もちろん乗り込みます。

 

 ーー結果。

 

 

「入場制限・・・オワタ・・・」

 f:id:rootritsu:20210621183401j:plain

 慌てて公式ホームページの運営のログを確認してみると、ゲーム内でユーザーからのリアルチャットが大量に送信されており、進行に時間を要しているとのこと。どうやら運営のほうがパンクしているみたいです。

 なのでゲーム内で入場制限を行っているらしく、その中にどうやら私も含まれてしまったみたいです。

 ・・・・・・。

 いまだに何度ゲームを開始してヒロインにリアルチャットを送ろうとしても即座に入場制限がかかってしまい、ホーム画面に戻されてしまいます・・・。

「うわーん、楽しみにしていたのにーー!!」

「事前登録までしたのに!! こんなのってあんまりだよ!!」

 

 ーーと喚いたところで何も問題は解決しないので、しばし別ゲーで時間をつぶそうと思います(つぶしてもつぶしても何時間も入場規制なんだけど・・・)。

 いまだに運営からのアナウンスでは入場制限解除の予定は未定・・・。

 

 絶望!!

シャドウバースが抱える問題について

f:id:rootritsu:20210619165238j:plain

 つい先日、シャドウバースは5周年を迎えました。 

 しかしリリースから5年もの月日が経過すると、これからもサービスを継続していくための課題などが浮き彫りになってきます。

 本日はそこら辺を整理していきましょう!

 

課題と問題点

・先行が有利すぎる。

 よく言われていますね・・・。

 疾風怒濤の速攻で相手を削り切るアグロデッキなどは元々それが当てはまったりします。ですが、ここ最近の環境ではアグロだけでなくミッドレンジからコントロールに至るまでの全般に該当しますね。

・ナテラ崩壊

 鋼鉄と大地の神の投げ合い。先に神をぶん投げて盤面を構成し、次のターンに真紅の抗戦者モノなどでOTKを狙う。神からのコストダウンサーチしだいですが、相手の手札次第では後攻に人権はない(一応、当時は後7キャルライリーOTKなんていうメタも存在しましたが・・・)。

・運命の神々

 爆速でナーフされた連携ロイヤル。

 そしてその後大流行した葬送ネクロマンサー。先5ミルティオ+墓守(進化)+征伐の死帝直接召喚。ターン終了時にミルティオの能力でリアニメイトしたフェィランで全体バフ・・・後攻で捲るのは当時のカードプールでは困難を極めた。

 私の一番のトラウマ環境だったりします。上記の状況ですでに絶望的なのに次のターンからフェイランが飛んでくるは再度盤面を構成されるは。脳死で6フェイタルオーダー、7カーニバルネクロマンサー、8フェイタルフェイタルでデッドメタルスターとかいうギタリストが顔面を殴りつけてくるーーまさしく地獄。

 他にも先行が圧倒的に有利でしかなかった先6OTK異形エルフがナーフされたりしましたね。

 ※ユーザーのヘイト指数が高かったのに一切お咎めなしだったキャルリンクルにはあえて触れません。

・レヴィールの旋風

 何よりも先1アンヴェルトが強かったーー以上!!

 ・・・とまあ速攻で締めたくなるほどにパック自体のカードパワーがえぐかった。

 ニュートラルの冒険者こそ先行ゲー助長の要因である。

 ロイヤルミラーでは、ゼルガネイア+君臨する猛虎なんていう先行ゲーOTKも存在しました(後攻はラミエルでブーストしても10PPでゼルガネイアは召喚されない)。

・十天覚醒

 アグロネクロ、アクセラアグロエルフ、ライドドラゴンに先行でぶんまわられたら、回復手段が潤沢な清浄ビショップくらいでしか後攻での耐久戦を行うのは難しかった。

・暗黒のウェルサ

 環境トップクラスのAFネメシスも後攻では明らかにパワーが落ちる。

 先5ナイトメアイーターでクラスによっては詰む場面もしばしば。

 

・おまけ(ネタ)

 究極の運ゲーに賭けるなら、

 ・条件達成済みの先8グリームニル×2のバーンが相手のリーダーのみに飛べば、20点削れたりする。

 ・先7オルオーン進化ですべて終わる(体力の上限21以上もしくはダメージカットがない限り)。

・進化システムの形骸化・・・。

 シャドウバースって進化が勝負の鍵みたいなふれこみだったはずです。

 なので数少ない進化権をどこで切るかで勝負の明暗が決まるーーかつての話ですね。

 現在ではどのクラスも進化しようと思えばいくらでもできるカードばかりあるので、もはや進化権の概念が必要なのかすら疑ってしまいますね。

 極めつけは、暗黒のウェルサで追加されたアブディエルというカード。

 これ一枚で進化権は形骸化しました。

・インフレが進み過ぎ!!

 昔では考えられないほどの性能を持ったカードが次々と刷られています。

 ただ、こちらに関してはユーザーを離さないためにも必要なことかなと私は思います。

 デフレだとインパクトが薄く、ネタにすらならないですからね・・・。

・盤面の否定。疾走、バーンが主軸。

 盤面の否定についてはどちらかというとローテーションよりアンリミテッドよりですね。AFネメシスが加速解放でグルグルしてすべてを蹴散らしますから(ギガスファクトリーー!!)。

 ただ疾走、バーンはローテでも問題視されてもおかしくないですね。

・可愛いは正義です。

 人気投票で美少女キャラが強すぎる!!

 仕方ないことですね。

 ですが、イケメンなら食い下がれるかもしれません。ただオジサンや人外が好みの方は天に祈りましょう。

・定期的にある100万円キャンペーン。

 ユーザーみんなに配布してよーーCygamesさん(無理)!!

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

 私なりに現在シャドウバースが抱える問題についてまとめさせていただきました。ネタも交じってますがご容赦ください。

 せっかくの5周年で新規ユーザーもたくさん流入してくると予想されるので、彼らが楽しめるためにもこれから問題点が改善されていくと良いですね。

 6月29日には新カードパック「リナセント・クロニクル」もリリース予定です。そこで本日わたくしがまとめた問題がどのようになるかはわかりませんが、続々と新カード情報も解禁されているので考察にふけりながらでも期待して待つと致しましょう。

 新環境よーー壊れろ!! ネタとして面白いですから!!